メニュー 閉じる

自分の会社をエゴサーチ(1)あなたの会社にたどり着ける?

エゴサーチ(egosearching)は、インターネット上で自分の名前を検索してみてどんなことが書かれているのか確認してみる行為のことです。店舗や会社の場合ですと、店名、社名や商品、サービスなどを検索するということになります。そうすることで、自社のインターネット上での評価、見られ方の一端を知ることができます。

エゴサーチすると、業種、業界にもよりますが、業界ポータルサイトや大手企業の取引先として記載されている情報などが見られることが多いです。こういった情報の中に少なくとも自社のオフイシャルサイトがしっかり出ていることが最低限必要です。

ただ、厄介なのは同業者で全く同じ社名の会社があるような場合です。たとえば○○建設、○○不動産というような経営者のお名前+事業名などの場合は、防ぐことができません。そういった場合は、所在地名や分野を明示するようなサイト名、説明文にしておくことを心がけるとユーザーの方で判断でき、間違いなく目的の店舗や会社にたどり着かせることができます。「○○建設│世田谷区のリフォーム店」のような形であればいいでしょう。

また、Googleプラスのページを利用する方法もあります。もし、皆さんの会社が業歴がそれなりにある場合、Googleで自社名を検索した際に右側に地図などの情報が掲載されていることがあります。こちらの情報を自社のものだとGoogleに申請すれば、情報を結び付けてくれます。ない場合はGoogleプラスのページを自分で作成すれば同じ効果が得られます。

こうすることでしっかり検索で認識され間違いなく、検索されたウェブサイトが皆さんのお店、会社だということをユーザーに知ってもらうことができるのです。また、スマホ時代ですから検索の位置情報と紐づいた情報はインターネット上で副次的メリットがあります。たとえば、Googleマップで社名を検索するとちゃんと地図の中に所在地が表示されていたりしますし、カレンダーの場所情報としても利用できたりします。今後もリアルの事業、所在に紐づいた情報は重要度も増していくに違いありません。
自分の会社をエゴサーチ