メニュー 閉じる

怪しい会社のホームページ拝見

先日、聞いたこともない信用調査会社と名乗るところから、電話がありました。取引先様からの調査依頼というのですが、当社はまだ、本当に見知った方としかお付き合いがないので、おかしいなと思いながら対応しました。そうすると、いきなり、女性のオペレーターのような手慣れた口調で、「いくつかお聞きしていいですか」と、質問を始めるので、適当に都合が悪いことにして、かけ直してもらうことにしました。

電話を切った後、電話口では、聞きとりにくかったので、ネットで電話番号を検索してみました。もっともらしい会社名でしたが、検索によると会社は実存するようです。

さらに、会社名で検索したら、ちゃんとホームページが出てきました。一見するとそれなりに見えるのですが、どうも胡散臭さが漂います。コンテンツに力がないというのか、具体的にいうと、もっともらしいことが書かれているけど、どこかからコピペしてきたような文章内容だし、画像はすべて無料素材集にありそうな写真です。

問い合わせボタンを押してみると、問合せのシステムフォームが開くのではなく、メールを送るようになっています。資料請求ボタンも同様に、メーラーが開く仕様です。もちろんSSL認証は、設定されてません。

もう少し調べてやろうと、どこにウェブサイトが置かれているのかをチェックすると、格安で有名なレンタルサービスのようでした。格安が悪いとは言いませんが、多くの多迷惑営業をかけてくる会社がこのサービスを使っていることで知られているので、機密情報や個人情報の取り扱いに配慮すべき企業が、よもや利用するとは思えません。

ついでに、会社概要欄の住所をGoogleのストリートビューで見てみました。商店街の一階が居酒屋の雑居ビルに所在地があるようです。普通はあり得ないロケーションです。結論として、電話をかけ直されても対応しないでしょうし、おそらくかけても来ないと思います。何か別の営業目的のアプローチなのでしょう。

こうやって、怪しい会社のホームぺージを実際に見ると、逆の見方としてちゃんとした会社は、一定の体裁は整えておかないと、こういった類の会社を同列として判断される場合もあるのだと感じました。
怪しい会社のホームページ拝見