メニュー 閉じる

企業の情報管理の「まさか」への対応は・・・

企業において、情報管理の「まさか」のリスクはデータの「消失」と「漏洩」です。ハードの不調や操作ミスでデータを消失してはいけないということで、複数のハードやインターネットを利用して、遠隔のサーバーにバックアップすると、代わりに漏洩の可能性が大きくなります。つまり、消失と漏洩のリスクはトレードオフ関係になっているのです。

そして、両者のリスクを限りなく小さくしようとすると、莫大な手間とお金がかかります。大企業なら大規模なシステム化が可能でしょうが、中小規模の企業ではこういった負担は避けたいものです。

ところで、バックアップサーバーやクラウドサービスを導入する前に考えておくことがあります。それは、会社にとって何が失くしていけない大切なデータで、何が漏らしてはいけないデータなのかを、優先順位をつけて整理することです。その上で身の丈にあったバックアップ体制を取ることをお勧めします。そうでなければ、あった方がいいけど、さほど重要でない雑多なデータのために、オーバースペックな準備をしてしまうことになります。

サッカーの守備に例えると、キーパーが最終の護り(バックアップ)ですので、キーパーまで届くボール(データ)は、多くない方がいいに決まっているからです。
企業の情報管理の「まさか」への対応は