メニュー 閉じる

会社ホームページのリニューアルサイクルについて

お蔭様で、前職を含めるとかなり長い間ウェブサイトの製作(ホームページ作成)の仕事に携わっています。当然、その間同じ会社様や店舗様のホームページを何度もリニューアルさせていただきましたました。

サイトをリニューアルするタイミングというのは様々で、一つの原因としてコンテンツの変化により新しいウェブサイトに変更することがあります。それは、起業したばかりの会社様や、既存の会社様であっても新しい事業のプロジェクトサイトの場合です。当然事業の進み具合、状況変化によって、ダイナミックに内容を変更する必要がありますので、サイトの新旧に関わらず頻繁にリニューアルされます。

では、安定的に同じ事業をされている会社様はどうかと言いますと、概ね5~6年でリニューアルされています。こちらの最大の原因は、ネット環境の変化です。

利用されるデバイス面からいうと、パソコンから携帯電話に移行し、さらにはスマートホンにと大きく変化してきています。ここ5、6年でパソコンとスマートホンの利用者シェアは見事に逆転してしまいました。

その間、ユーザーとのコミュニケーション方法もBBS(掲示板)やメールからブログそして、SNSへと変化してきました。掲載板などのいう言葉は、本当に久しぶりに使いました。

そういった中で中堅、中小規模の会社様や店舗様は、どのくらいでサイトをリニューアルするとなると、5~6年という線が出てくるのかと思います。5年程度で新しいシステムをご提案しますと、事業が安定的に進んでいる会社様は、だいたい前向きに検討いただけるということは、会社様側でもその必要性を感じられる頃だということです。

7年前のサイトとなると、いくら造りは良くとも、古臭いし、使いにくさを感じてしまいます。言い換えると、あまり古めかしいと、ご覧になった側は「会社の状況がどうなのかな」とも疑いられないということです。

ですから、ホームページを作成する際には、5年ごとにシステム更新するものだと考えて、予算、運営体制を考えていくことがいいでしょう。一度いいものを作っておけばとか、普段の運営が手に余る大規模なサイトも考え物だということです。

サイトリニューアルは、掲載されている事業コンセプト、商品・サービスの説明を見直す機会になります。ホームページをきれいにするだけでなく、会社方針、事業の棚卸しの機会と考えられるものいいかと思います。