メニュー 閉じる

みんな世界に一つだけの会社

ホームページ作成の打ち合わせで訪問した会社の経営者様から「私の会社は何の変哲もない○○会社なので、会社の強味と言われても書くこともないんですよ」とおっしゃることがあります。

このようなことをおっしゃるのは、お父さんや、おじいさんが起こした会社を継承された後継ぎさんが多いように思います。初めから会社や事業があるので現時点が地面のように見えているのでしょう。しかし、実はその地面こそが非常にユニークなんです。これは跡継ぎの方が経営にご苦労されているとか、いないとかとは無関係な話です。

また、ご自身の会社内、業界では当たり前のことが一般の人びとから見ると、非常に興味深く思われることもあります。外部の人間だから見えてくるものもあります。財務的な面は決算の関係で税理士さんという言わば外部の方のチェックがあるのですが、事業内容ということになるとそういった機会がありません。

このことはホームページの作成という作業が会社のコンセプト、自社のメリットを再認識、棚卸する機会になるということを意味します。普段は日々の業務に忙殺されがちですが、ホームページを作成する際に、創業者の精神や、他社との違いに向き合うということになるわけです。ホームページを作ることは単にインターネットの会社紹介が出来ますというだけではないのです。ですから、安易に写真と文字を決まったデザインにはめ込んでしまうだけのホームページの作り方は避けるべきです。

私どものような立場からみると、どの会社様もそれぞれ世界にひとつだけの会社だと思えます。
みんな世界に一つだけの会社