メニュー 閉じる

なりすましメールとGmailのエイリアス機能

ますます送り込まれてくるなりすましメールが巧妙になってきています。
ページ下の画像は、ETC関連の組織のウェブサイトから飛んできたようにしてなりすまされたHTMLメールです。ショッピングサイトやクレジット会社のようにいつも見慣れてない連絡メールなので、思わずクリックしてしまいそうになります。

こういったメールの予防として、ウェブサイトやSNSで使うメールを本当の自分のメールではなく、別のメール(転送のみの)にしておいて経路でフィルタリングする手があります。ただ、メールを際限なく新設することは誰もができることではないので、Gmailのエイリアス機能を利用する方法もあります。自分のGmailアドレス、たとえばabcd365@Gmailならば、abcd365+fb@Gmail.comのユーザー名部分に「+fb」というように任意の文字列をプラス記入しておけば、facebookから来たメールだと判断できます。受信先は同じになりますが、アドレスをフィルタリングすれば、変なルートで来るメールを見極め易くなるということです。